だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ   

こんにちは、シンゴです。 単語と基本文章の勉強、根気強く進めていますか? この基礎レベルが安定するまでは、英語の勉強もツマラナイ事が多いと思います。 が、このレベルをしっかりさせれば、後々は上達が早くなります。 

根気強さと言えば、この前読んだ本に「ほぉ~」と感嘆する、カルビン・クーリッジという以前のアメリカ大統領の言葉がありました。

“Nothing in this world can take the place of persistence. Talent will not; nothing is more common than unsuccessful people with talent. Genius will not; unrewarded genius is almost a proverb. Education will not; the world is full of educated derelicts. Persistence and determination alone are omnipotent. The slogan "press on" has solved and always will solve the problems of the human race”

簡単に訳すと、「人間は粘り強さが最も大切だ。才能ある人間も、天才の人間も、学歴のある人間も、粘り強さがないとダメだ。人間の問題を解決するのは、粘り強さだ。」みたいなことを言ったそうです。思わず、唸らされる言葉でした。 英語の勉強に限らず、やはり何でもそうですよね。 頑張りましょう    

さてさて、今日の本題は、英会話学校の上手な利用の仕方の紹介です。


利用法: 英会話学校は、普段の勉強の成果を試す場として利用する

良く言われることですが、英会話学校は自分の日頃の勉強の成果を試し、チェックする、またはどうしても自力では理解できない事柄を教えてもらう場として利用する。 この利用法で使うと、上達の手助けになります。 

 前にも書きましたが、「英会話学校で教えてもらおう」、「英会話学校に行ってれば、少しはしゃべれるようになるだろう」という、他力本願、受け身の勉強姿勢では絶対に上達しません  完全に、時間とお金の無駄です。 知り合いの中で、そんな人、多くないですか? 確かに「少し」は上達するかもしれませんが、少しの上達なら独学でも十分にできます。 わざわざ、高い授業料を払う必要は無く、費用対効果は弱いです。  それよりも、「自分が勉強した日頃の成果を確認し、弱い所は先生に補足してもらう」。 この利用の仕方が、とても効果的で、上達を早めます。

なぜ、英会話学校に行くだけでは上達しないのか? 理由は、英会話学校の勉強時間だけでは完全に不足していて、上達のヘルプにならないからです  どれくらい時間が不足してるか、ちょっと調べてみました。 

よくあるパターンとして、「週2回のグループレッスンを一年間(50週)やった場合」で、有名な3社の英会話学校のプログラムを調べてみました。 今更、紹介するまでも無いかもしれませんが、参考までに。 

と、その詳細は、次回に。 

 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                         
     にほんブログ村 英語ブログへ     人気ブログランキングへ  


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ   

どうも、シンゴです。

前回、英会話学校の勉強だけでは、完全に時間不足で上達のヘルプになり難いと書きました。 ということで、以下の計算をあらためてチェックししてみました。


英会話学校は: 一年間通っても、トータル1日程度の会話時間しかない

よくあるパターンとして、「週2回のグループレッスンを一年間(50週)やった場合」で、有名な3社の英会話学校のプログラムを調べて、まとめてみました 

1年間の平均料金
28万円
1回のレッスン時間
40分-50分 
間を取って、45分で計算。
1週間のレッスン時間
45 x 2 90
1年間のレッスン時間
90 x 50 4500
75時間3日と3時間
1回のレッスン人数
1クラス36人ぐらいが普通。
最低人数の3人のレッスンで計算
一人が1レッスンで話す時間
一人が週2回のレッスンで話す時間
45÷ 3 15分 
15 x 2 30
一人が1年間のレッスンで話す時間
30 x 50 1500
25時間 1日と1時間)


どうですか。 1年間、英会話学校で勉強しても、レッスン時間は、3日程度しかないんです。 会話できる時間なんか、1日ちょっとしかありません。 これは単純計算ですが、この日数が例え1ヶ月、10倍になったとしても、英会話学校だけで英語が上達するのはキツイですよね。 10倍の30日にしたら、授業料も10倍で280万円支払う必要がありますし。 ちなみに、1時間あたりの会話料金を計算すると、28万円 ÷ 25時間 = 1時間で11,200円 になります。

ついでに、プライベートレッスンも1社チェックしてみました 

プライベート料金
565千円
1回のレッスン時間
40
1週間のレッスン時間
40 x 2 80
1年間のレッスン時間
80 x 50 4000
(約66時間30­ 2日と19時間
一人が1年間のレッスンで話す時間
80 x 50 4000
(約66時間30­ 2日と19時間


このように、プライベートで受けたとしても、3日弱の時間しか英会話学校では取れません。 ちなみに、プライベートレッスンの1時間あたりの会話料金は、56万5千円 ÷ 66.5時間 = 1時間で8496円 でした。

これで分かりましたよね! 英会話学校は、英語を教そわる場所にはなりません。 そもそも、2-3日のレッスンで英語ができるようになれば、日本国内にこんな多くの英語学校ができませんよね。 だからこそ、英語学校は学んだ事を確認する、試す、そして自力では分からない箇所をヘルプしてもらう場所として、賢く使いましょう。

実は、私、英会話学校には通いませんでした。 なぜなら、このリサーチを以前もやって考えたからです。 TOEFLのスコアを得るのが目的だったので、TOEFL専門のスクールには通うかと思いましたが、予算が無く、頑張って自力でした。 時間は掛かりましたが、そのおかげで英語の勉強方法のコツがつまめました。

とにかく、貴重なお金と時間です。 決して無駄にはしないで、上手に使ってください。

次回ですが、英会話学校のお金と時間について、もうちょい調べたのでその紹介です。


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                         
     にほんブログ村 英語ブログへ     人気ブログランキングへ



人気ブログランキングへ   


どうも、シンゴです。

前回、英会話学校の上手な使い方を書きました。 今回はその続きで、英会話学校に使うお金と時間を、別の使い方でチェックしてみました。 参考までにどうぞ。

英語ガチンコバトルで鍛える根性があれば、上達も早い

1年間に英会話スクールで、約28万円の授業料をグループレッスンに払う代わりに、こんな使い方はどうだ?! と思わせるデータをチェックしました。

 英会話学校に使う代わりに、英語勉強旅行に使う

28万円以内で、格安ツアーで以下のようながありました

ニューヨーク
4日間自由行動のツアー
12万円 185千円
シドニー
2日間自由行動のツアー
85千円
ロンドン
3日間自由行動のツアー
13万円 15万円


現地自由行動で、ガチンコ英会話の体験をするもいい手です。 最低でも、2日、と言っても寝る時間があるので、半分の1日はしゃべる時間があります。 お土産や、娯楽費を抑えれば、28万円で年間に2回は行けそうですから、英会話学校行くより長い時間が持てます。 完全個人で行くバックパック旅行なら、もっと安く押さえられます。 カリフォルニア州辺りなら5万円前後でチケットが買えますから、お得ですよね。 

このガチンコ英会話旅行、英会話学校の教室で当たり障りの無い世間話しをしてるよりは、はるかに効果的です。 まさに、生の英会話実践体験ですから、コミュニケーションの際のやる気とプレッシャーが格段に違います。 例を挙げるなら、車の免許を取る際に、仮免をクリアして、教習所内の練習から、一般公道に飛び出て練習をするようなものです。 教習所外で気を抜いた運転をしてたら、事故になりますよね。 運転への集中力、プレッシャーは、格段に上がります。 そのかわり、実践体験で運転の楽しさも味わえるから、やる気も上がりますよね。 

英会話ガチンコ旅行も、似たようなものです。 英会話旅行でなくても、特に男の人は、バックパックの貧乏旅行を経験して、この感じを得た人は多いかと思います。 何事もそうですが、やはり実践が一番のレッスンです。 もちろん、実践の前に、自分で勉強しておく自主トレーニングは必要です。 前回書いた通り、英会話学校に行くのも自主トレの後に行かないと効果は無いのと同じです。 

そこで、もう少し長く滞在して、英会話ガチンコ旅行をした場合の費用もチェックしてみました。 比較的、治安が良いとされるアメリカのサンフランシスコに2週間(14日間)滞在したとしましょう。 

どんな感じになるかは、次回に。


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                         
     にほんブログ村 英語ブログへ     人気ブログランキングへ  




人気ブログランキングへ

こんにちは、シンゴです。 

さてさて、今日は早速、英会話学校に使う費用、年間で28万円を別の方法に使って英語の上達に役立てる方法の、その2です。 前回、英会話ガチンコ旅行に行ってみるプランを書きましたが、今回はもう少し長く滞在して、更にガチンコ度を上げたプランをチェックしてみました。 

2週間の滞在で、英会話学校の7倍の勉強時間が得られる

比較的、治安が良いとされるアメリカのサンフランシスコに2週間(14日間)滞在したとしましょう 

航空チケット代
込み込みで5万円
ホテル代
ピンキリですが、$50出せばそこそこの場所に泊まれるので、$50(約5000円)で計算。
5000 x 14日間 7万円
食事費
13000円あれば、足りますよね。
3000 x 14日間 42千円
交通費
諸経費
12000円 x 14日間 28千円
娯楽費 = 勉強費 
15000 x 14日間 7万円
ここまでの小計
26万5500円
お土産費
全体の28万円 - 2355001万4500
合計
2週間の滞在で、28万円

 


どうですか?28万円で、充分に元を取れそうですよね。 14日間の滞在ですから、移動や睡眠時間を除いて、半分の7日はまるまる会話の時間が取れそうです。 英会話学校の7倍です。 お土産代が少なめですが、現地の出費は頑張れば削れますから、何とかなるでしょう。英語のガチンコ勉強をするという気持ちで行くのであれば、旅行プランはもっと工夫できますよね。 

ちなみに、アメリカのホテルはシングル宿泊よりも、2-3人で泊まった方が割安ですから、友達同士で行けばビジネスホテルぐらいは安く泊まれると思います。 また、世界各地からのバックパッカーが泊まることの多い、ユースホステルに滞在すれば、1泊$30ぐらいで泊まれる所もあります。 こんな所とか  http://www.sfhostels.com/fishermans-wharf/rates/
私も別の町で使った事がありますが、宿泊客とは友達になりやすい環境なので、英語のコミュニケーション練習にはいいと思います。 まさに、ガチンコで友達の輪を広げてください。 

実はこの、「友達の輪を広げる」という行為が出来るか、出来ないかが、ガチンコ旅行の成果を左右します。 ただ行くだけで、誰とも話さないのでは、全く意味がありません。 無闇に声をかけて友達になる必要はありませんが、ガイドマップに書かれた通りに行動して、現地の人と大して会話をしないような旅行をするなら、行くのが無駄です。 現地での娯楽中が、= 勉強中になる環境です。 道を聞いたり、食べ物を注文したりするのはもちろん、例えば現地の一日ツアーにでも参加をすれば、説明は全て英語です。 分からない事があれば、質問し返すぐらいのノリでやれば、まさにガチンコ勉強旅行になります。

こんな貴重な時間とお金を費やしている場合にこそ、前にも書きましたが、受け身の勉強姿勢でなく、積極的に自分からアクションをかけて頑張ってください。 

次回は、更に積極的な行動、留学について少し。 


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                         
     にほんブログ村 英語ブログへ     人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。