だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2010/031234567891011121314151617181920212223242526272829302010/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、お久しぶりのシンゴです。 長いこと、ご無沙汰してました。

ようやく、長期出張を終えて、東京に戻りました。 これから、またちょくちょくUpdateしていきますので、よろしくお願いします。

ということで、再開1回目は、戻って来たときの使い勝手のいい単語の紹介です。

 Back

戻る = ずばり "Back" です。

簡単な単語ですよね。 会話中にBackだけを使っても「戻る」感は出ますが、もう少し「お!しゃべれるじゃん!」の雰囲気を出したい時は、Backの後ろに "in" をつけて文章を作ると、それっぽく聞こえます。 
こんな感じで 
 
 Back in Tokyo   「東京に戻る」
 Back in school  「学校に戻る」
 Back in business 「ビジネスに戻る」


てな感じです。 文章にするなら、Backの前に "主語+Be動詞"を付けるのが、いちばん簡単で、間違いなく通じやすいです。 こんな感じで 

 I am back in Tokyo   「私は、東京に戻る」
 She was back in school  「彼女は、学校に戻った」
 My father is back in business 「私の父は、ビジネスに戻る」


Backの前の部分は、いろいろとバリエーションはありますが、とりあえずこの基本型を覚えとくと便利です。

ちなみに、Backの後に、 "To" が来ることも多いです。 InもToも、場所や時間を表現する時によく出てくる言葉です。 場所に関して言えば、 Inの方は、「既に、その場所に到達している」感があります。 Toの方は、「これから、その場所に向かう」感があります。
簡単に言えば 

 Back in Tokyo   「東京の町中に戻る」
 Back to Tokyo  「東京に向かって戻る」


こんな感じです。 

再開1発目、簡単に書きましたが、またUpdateしていきますので、よろしくお願いします。


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。