だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2010/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、シンゴです。 

今回は、またまた留学の話に逆戻りです。 と言うのも、留学ネタを詳しく聞きたいというリクエストが、“少し” ありまして。 少しでも、直々の問い合わせだったので、優先させてもらいます。 あしからず

と言うわけで、今回のテーマは、留学を斡旋してくれる「留学エージェント」の話です。 その、その少しのリクエストも、「どんなエージェントがいいんですかね?」と聞かれたのですが。

で、私の答えは、ズバリ

分かりません

なぜなら、私は留学エージェントのサービスは使いませんでした。 従って、善し悪しについては、分からないです  おそらく、ネットで評判を調べたり、実際に使った人の意見を参考にするぐらいしか手はないでしょう。 そうです、あくまでも ”参考“ にするんです。 それ以上の判断は、”自己責任” です。 繰り返しますが、エージェント選びの段階から、自己責任です。 

確かに、中には悪徳業者もいるようですから、いくら自己責任と言ってもトラブルになることもあるでしょう。 逆に言えば、どんなに良いエージェントを使っても、100%の成功はあり得ないとも言えます。 なぜなら、どんなに良いエージェントだって、客の面倒を1から10まで100%見ることはできないはずです。  特に、留学先に行ってからの話しとなると、自己責任が最優先です。 何かトラブった時に、「エージェントが言ってたから、、、」と泣きごとを言っても、ケツを吹くのは自分です  

例えば 

「話しにあった内容と学校の授業内容が違う」とか、
「クラスが日本人ばっかでやだ」とか、
「ホームステイ先の家族が最悪」とか、

この手の話はよく耳にしますが、現地に行く前のエージェントの話を鵜呑みにし、自己判断を疎かにして行動しなかったか、振り返ってみましょう。 ネットや、本や、直で学校に問い合わせるや、行った人の話を聞くや、、、何かと自分で出来る事前の努力もあるはずです

でもって、もっと重要なのが、こんな厄介な事を現地で解決することこそ、まさに自己責任でやる必要があります。  たとえ、エージェントのアドバイスを参考に自己責任で選んだ結果がイマイチだとしても、後から文句を垂れても解決しませんもんね。 もちろん、「希望校に入金したのに入学できず、エージェントに金をピンハネされた」とか、「契約書の内容と違うサービス料金を払わされた」たいな、犯罪に近いようなトラブルには別ですが、だからこそ、そうなる前に「何があっても自己責任」の気持ちを確かめましょう。

留学エージェントは、あなたの貴重なお金と時間を無駄にしないためにサポートしてくれるでしょうが、それを貰って商売もしています。 エージェントに吸い上げられるか、うまく使っていいサポートをもらうか、その利用方法も自己責任です 

しかし、「こっちはエージェントのサービスを信頼して金を払ったのに、入った学校がいい加減だ」という話は、これまた良く耳にします。 ということで次回は、失敗しない留学先の決め方についてです。


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。