だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2010/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、シンゴです。

前回、I gotta go. というフレーズを紹介しました。 
電話や会話の途中で、話を切り上げたい時などに使うと便利なフレーズです。

で、今回はその文章の簡単な説明を。

これは言い換えると 

 I have to go. とか、
 I need to go. と同じ意味です。

Gotta の部分が Have to や Need to と同じ意味です。  

ところで、この Gotta、以下のような変遷をたどって Gotta になった、いわゆる俗語ですね 

 Have got to
   
 Got to
   
 Gotta
          
もちろん、正式に
I have got to go. と言っても構わないですが、
I gotta go. のように使われることが多いです。 

これと似た俗語で、Wanna というのがあります。 けっこう、耳にすることが多いかと。

これは、
 Want to(~したい)という言葉が
    
 Wanna になってます。

I wanna go to NY. (私は、NYへ、行きたい) というふうに使います。

こういった良く出てくる俗語は、結構当たり前のように使われるので、覚えておくと便利です。 しかし、その前に、正式な表現方法をしっかり覚えてからの話しです。 基礎を飛ばすと、後でツケが回ってきて上達が遅れますから、手抜きをしないように。



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。