だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2010/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/02
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明けまして、おめでとうございます  シンゴです。 今年もよろしくお願いします 

さてさて、前回からの続きで、“Can” を使わない表現方法について早速行きましょう。 

前回の説明で、Can を使わない現在形の動詞のみと、Can を使った文章とのニュアンスの違いはピンと来ましたか  
ピンと来なかった人のために、極めつけの例文を一つ。 こんなのは、分かりやすいでしょう。

「私は、彼女を、愛しています」 と言いたい時、これは、迷うことなく 

  I love her. 

で決まりですよね。

これを、万が一間違えて 

 I can love her. = 私は、彼女を、愛することができます

と言ってしまったら、、、、 

その彼女を愛するには、「よっぽどの能力や、スキル、それとも覚悟がないとできない」 といった感じに聞こえませんか  そういう状況で付き合ってるカップルはこの表現がピッタリですが、普通はそうなる前に別れますよね  

なので 

 I love her. がシックリくるわけです。

Love以外の、他の単語も同様です。 特に長けた能力を必要とせず、「普通に」、 「日常的に」、 または「当たり前のように」 行える動作には、 “Can” を入れる必要はありません。 

それじゃ試しに、例文を一つ。 「あなたは、英語を話せますか?」 と聞かれたときの返答で、 「私は、英語を、話せます」 と言いたい時は、以下のどっちでしょう 

 I can speak English.
 I speak English.

繰り返しますが、正解は下の文章ですよね  

日本語の発想から英文を作ると、「話せます」 につられて “Can” を付けがちですが、必要ありません。 確かに、英語の苦手な人が多い日本では、「しゃべれる = Can speak」 の部類に入るかもしれませが、英語の発想からすると、これはおかしなニュアンスになるので気をつけましょう。 前回の 「日本語を話せます」 が、「英語を話せます」 に変わっただけです。

そもそも、 聞く方も Do you speak English?  と、Canを使わずに尋ねるのが普通です。 それに対する返答も、 I speak English. が正解です。 

と、ここで、ちょっと疑問が出てきませんか  

「確かに英語は話せるが、通常は使ってなく、たまにしか話さないぞ」 とか、「少ししか、話せないぞ」 とか、「そんな場合は、何て言うんだ?」 と疑問に思いませんか  

そんな時の答えは簡単です 
 
 「英語は、たまに話します」  I sometimes speak English.
 「英語は、少しだけ話せます」  I speak a little bit English.

、「たまに」 や、「少しだけ」 という言葉を付けてやれば解決です。 Can の有る無しに惑わされる必要はありません。 

で、次回は、このCan をツイツイ付けがちな、間違いやすい動詞単語の紹介で、このテーマを締めたいと思います。 



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。