だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2011/01123456789101112131415161718192021222324252627282011/03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、シンゴです。

いや~、カゼが抜け切りません。 いやですね  みなさんも気を付けてください。

さてさて、ここ数回に渡り、英語の勉強でも実に難しい話、「名詞の前にくっつけるのは、Aか? Theか? それとも何も付けないか について書いてますが、みなさんここまでの基本ルール、頭に叩き込まれましたか  オサライをここでもしたいとこですが、書き出すと長くなるので、過去ページを読んでください 

で、今回は、基本ルールを理解したものと見なして、「じゃ、A~、The~、はたまた何も付けない、その見極めは、どうすりゃいいんだ  という話に入ります。 で、繰り返しますが、この見極めは、フィーリングに頼らざるを得ない時が多いです。 従って、私のレベルじゃ、「これが正解」 って紹介できるものは、そんなに多くありません。 みなさん、それぞれ頑張ってください 

とは言え、「こんな場合は、必ずこの冠詞が付く」 というのは紹介可能ですので、参考にしてください。 またまたサッカーに例えるなら、「こんな場合は、オフサイドに当たるのか?」 というプレーもたくさんありますが、「オイオイお前、それは完全にオフサイドだろ!」 というプレーもありますよね  

つまり、この完全オフサイドになるようなルールは、冠詞の場合も必ず押さえておきましょう。 さもないと、試合に出してもらえないのと一緒で、まともな英語もできません 

まずは、冠詞と名詞の組み合わせパターンを整理すると、以下の6パターンでしたよね   ちなみに、下記以外にも “冠詞と固有名詞” の組み合わせパターンも出てくるんですが、それはもっと整理が付いてから紹介ということで。。。

 A(An)+ 単数名詞  
<例> a car  <意味> 「とある1台の車」
 The + 単数名詞  
<例> the car  <意味> 「ある特定の1台の車」
 何も付けずに、複数名詞のみ  
<例> cars  <意味> 「一般的に、車全体」
 The + 複数名詞  
<例> the cars  <意味> 「ある特定の複数台の車」
 何も付けずに、数えられない名詞のみ 
<例> rice  <意味> 「一般的に、お米全体」
 The + 数えられない名詞  
<例> the rice  <意味> 「ある特定の、お米」

でもって、問題となってくるのが、「とある1台って、どういうこった  とか、「特定の車って、どう特定するんだ とか、「全体的って、何が全体なんだ  ってあたりが、ピンと来ないと思います。 当然です。 このピンと来るか、来ないかが、まさにフィーリング頼りですから  

しかし、100%フィーリング頼りと言うわけではなく、会話や文章の前後の流れから、どのパターンを使うのか、見分けられる方法がこうなります  (これまた、そんなに簡単ではないんですが。。。)

 A(An)+ 単数名詞 の場合
前後の脈絡とつながりが乏しく、いきなりポツンと “1個” として出てくる時

 The + 単数名詞
 前回に出ている名詞を、繰り返す場合 
 いきなり出てきても、“話し手-聞き手”、又は、“書き手-読み手” が、「あぁ、アノ名詞のことか!」 と共通認識がある場合
 最上級の名詞を表す時
 太陽、地球、月など、明らかに1つしか存在しない名詞を表す場合
 名詞の後に続くフレーズや文章が、その名詞を修飾して、「特定感」を出している場合

 何も付けずに、複数名詞のみ
話や文章の流れから、一般的な概念や考え方に基づいて、「一般に~」、「全ての~」 というフィーリングがピッタリはまる場合

 The + 複数名詞
「The + 単数名詞」 の場合と、ほぼ同じ。 

 何も付けずに、数えられない名詞のみ
「何も付けずに、複数名詞のみ」 と、ほぼ同じ。

 The + 数えられない名詞
「The + 単数名詞」 の場合と、ほぼ同じ。

とまぁ、整理するとこんな感じですが、これだけじゃ分からないですよね  テキストブックなんかには、ここから掘り下げてダラダラ書かれてますが、そこまで書かないまでも、次回は具体例を出しながら紹介します。



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。