だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、シンゴです。

このところ、完全に冠詞と名詞の組み合わせパターンの話ばっかになってますが、そろそろ飽きてきませんか  書いてる方も、そろそろトピック変えようかと思ってるんですが、とりあえずはキリの良いところまで紹介を 

ということで、今回は、“The + 単数名詞” の組み合わせが “明らかにハマル”パターンの以下の2つを紹介です 

 最上級の名詞を表す時
 太陽、地球、月など、明らかに1つしか存在しない名詞を表す場合

この2つのパターンは、前に紹介した2つのパターンよりは、分かりやすいです。 なぜなら、フィーリングに頼ることなく、お決まりのルールに沿って判断しやすいからです。 


 最上級の名詞を表す時

第一に、「最上級」 っていうのを、むかし学校で習ったのを覚えていますか  こんな感じで 

 Good(良い)– Better(より良い) – Best (最も良い)
 Tall(高い)– Taller(より高い) – Tallest(最も高い)
 Popular(人気のある) – More Popular(より人気のある) – Most Popular(最も人気のある)

この一番最後の、「最も~」 ていうのが、最上級ってやつですね。
 
で、これが“The ~” と絡むパターンは、こうなります 

 “The + 最上級の単語 + 名詞”
(この場合の名詞は、単数名詞、複数名詞、数えられない名詞、全種類がパターンに絡むのOKです)


例文を挙げるとこんな感じです 

 The best movie of 2011 is Social Network.
(2011年の、最も良い映画は、ソーシャルネットワークです)

 Tokyo Sky Tree is the tallest tower in the world.
(東京スカイツリーは、世界で、最も高いタワーです)

 Saito Yuki is the most popular player of the Nippon-Ham Fighters.
(斎藤佑樹は、日本ハムファイターズで、最も人気のある選手です)

このパターンの理屈は、こうなってます 

 「最上級 + 名詞」ということは、その名詞が 「例の1番のあの名詞か!」 と特定できる  だから“ The” を付ける

ピンと来ないかもしれませんが、、、

 「最上級のくっついた名詞には、“The” を付ける」 と覚えておけば、まず間違うことはありませんので、とにかく頭に叩き込んでおきましょう 


じゃ、“The” ではなくて、“A” を最上級につけたら、何でNGなのか  
斎藤佑樹を例に見てみると、理屈はこうなります 

 Saito Yuki is a most popular player of the Nippon-Ham Fighters.

“A most popular player” とやってしまうと、「斎藤佑樹は、とある一人の、最も人気のある選手」 という意味合いになり、その結果、、、

 「おいおい、それじゃ斎藤以外にも “また別の、とある一人の、最も人気のある選手” がチームにいるのかよ? 誰が本当のMost Popularなんだよ??」 とおかしな話になる

ということです。 分かりましたか  

「最も ~」 っていうことは、その名詞が何のことを指しているのか、特定できないと話しにならないですよね。 そのために、“The” を付けて、「例のこの名詞だ」 と、際立たせるわけですね。 

それじゃ、最も人気のある選手が、斎藤佑樹とダルビッシュの二人だとしたら、どう表現するのか  ていう疑問が出てきますよね。 

そんな時は、こうすればOKです

Saito Yuki and Darvish Yu are the most popular players of the Nippon-Ham Fighters

Player の名詞を複数形に変えれば解決です。 

「おいおい、待てよ。 最も人気のある奴が2人って、やっぱおかしいだろ。 どっちか1人のはずだろ。この表現、間違いじゃないのか??」 という声もあると思います。 それに対する答えはズバリ

分かりません

すみません、私のレベルじゃ です。 自分も専門家に聞きたいです。 

しかし、経験上、こういう複数形名詞の表現を使っても、問題なくやってこれてますんでOKだと思います  

そもそも、フィーリングの問題なんで、「最上級は1つのはずだ」 と、日本語の理屈で思っても、それが英語のフィーリングに当てはまるのかは、 ですよね。 従って、何度も繰り返してますが、冠詞と名詞の組み合わせパターンは、「確実に覚えておく必要のあるルール」 の所を、まずは確実に潰して行くことをおすすめします。 じゃないと、キリが無いですからね

今回

 太陽、地球、月など、明らかに1つしか存在しない名詞を表す場合

も紹介予定だったんですが、長くなってしまったので、次回に回します。 あしからず 


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。