だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンゴです、どうも。

さて今回は、なんと、1年以上このブログをやっておきながら、これまで取り上げなかったトピック、ライティングの基本についてです。 これが初めてとは、失礼しました

しかし、ここまでライティングのトピックが出てこなかった理由も、ちゃんとありますよ。何だか、わかりますかね

それは

英文を書く機会は、スピーキング、リスニング、リーディングに比べて少ない行為 

言葉を学習するときは、聞く、話す、読むが最初に来て、書くは最後が普通ですよね。 日本語を学ぶのに、親からいきなり「書け」と言われた人はいないと思います  また、この他の3つができなきゃ、書くこともできないでしょう。 と、俺は思います。 

そんなこんなで、肝心のライティングの基本についてです。 と、その前に、ライティングと言っても、長いの、短いの、いろいろあります。 そこで今回は、「こっちの伝えたいことを、ライティングで相手に伝える方法」の基本についてです。 

身近な例だと、ビジネスレポートや、Eメールでのビジネス文書のやりとり、学生の人なら論文の書き方みたいな感じですね。 短い基本構文の書き方とか、「次の日本文を和訳しなさい」みたいな、初歩段階の書き方はスキップします。 

で、書き方の基本ですが、以下の点に気をつけましょう

 英語での文章の書き方、流れに慣れる

書く内容によって、例えば、卒業論文と新聞の社説とかではいくらかのスタイルの違いは出ますが、英語での文章の書き方は、以下が一番基本的です。 

伝えたいこと (= 結論や主張)を要約した説明 伝えたいことをサポートする具体例、引用、事実などを示す 再び結論や要点をまとめた文章で締める


 OO的といった、抽象表現はしない。 ストレートに具体的に表現する。

英語では、もともとこの手の単語が少ないので、慣れれば問題ないはずです


 同じ単語を多用しない。 同じ意味で違う単語や、類義語をうまく使って表現力を豊かに見せる

例えば、最初の一文で “I started a new business、、、(私は、新しいビジネスを、始めた、、、)” と書いたとしたら、次に似たような表現を使う時には、“I began selling new computers、、、(私は、新しいコンピューターを、売り始めた、、、)” みたいに、Start = Begin のように、単語を変えて表現の幅を広げましょう。 


 同じ言い回しを使わない。 同じ意味の違うフレーズを使って、表現力を豊かに見せる。

これも、上の と同じ考え方です。 例えば、「しかし、、、」 と言いたい時には、“But、、、” という書き方以外にも、“However、、、” とか、“Although、、、” とか、違う言い回しが使えます。 無理に多く使う必要はないですが、できるだけ単調な表現は避けましょう。 

上の4つのポイントで、一番難しいのは、もちろんポイント  です。 他の3つは、単語力がUPして、書き方に慣れれば自然と上達できますが、ポイントの1つ目は、練習が必要です。

なので、1つ目のポイントの要点を整理して、次回に紹介します 



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記



スポンサーサイト
この記事へのコメント
初めまして。大学生です。英語文章力をつけようとほぼ毎日一ページ分の単文を書いています。
まだ初めて2週間なので実感がわかないのは当然ですが、この方法で英文力はつくのでしょうか?
和文英訳は不自然な英語になる恐れがあるので、長文から表現を借用し一部中身を変更して書く借文をしています。
2011/12/23(金) 17:10 | URL | princessmia #-[ 編集]
princessmiaさん、コメントありがとうございます。
毎日一ページ分の文章を書いてるとは、すごいですね。 
ここで紹介したのは最低限マスターしておいた方がいい、基本の上達方法です。 なので、私のやり方で100%OKとも言えないですが、princessmiaさんが今やっている反復練習と、和文→英訳をしないことは、文章の上達以外でも効果あるはずです。 
特に、「長文から表現を借用し一部中身を変更して書く借文」は良いと思います。 英語の発想力に慣れれるし、単語力もUPのヘルプにもなりますし。 和文→英文は、文章作成では完全NGです。 初期の段階から、英語の発想で書く練習をしておけば、上達も早いはずです。
頑張ってください。 
2011/12/24(土) 09:04 | URL | シンゴ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/115-3223b4d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。