FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、シンゴです。

今回は、プレゼン上達の基本についてです。 もちろん、英語の。 

これを読んでる人の中で、「英語でもプレゼン大得意」っていう人はいますか  そんな人は、このトピックは読まなくても良いでしょう。 しかし、多くの人にとって、プレゼンは難しいですよね  で、どうやって上達させるかというと、これこそ

訓練です

日本語でもプレゼンの機会を持つ人は、仕事や学校の研究発表でもない限りしませんよね。 しかも、やるとなると、大体のケースは重要な場面になります。 そのため、失敗も許されず、緊張もします  英語でのプレゼンも、同じような状況で行いますから、タフな作業になります。

従って、上達させるには、訓練あるのみです。 私も留学当初は、本業の授業にプラスして、英語授業のプレゼンクラスを取るのが義務付けられ、訓練させられました。 何でも、Public Speaking 、日本語に訳せば 「演説術」 なる授業がアメリカの学校には存在していて、中学生ぐらいから勉強するみたいです  

確かに、アメリカ人の学生でプレゼンが上手な奴は、このクラスを取ったことがある奴が多かったです。 韓国から留学していた同級生も、プレゼンはうまかったです。 その彼も、韓国で演説術の授業を取っていたそうです  逆に、アメリカ人でも、私より下手な奴も多くいました。 

この例からも分かるように、要するに、プレゼンの良し悪しは、訓練されてるかどうかです。 英語のレベルが全てではない ってことですね。 ネイティブでも下手な奴はヘタですし、外国人でも上手い奴はウマイのですから。 従って、日本人だって、当然ながら、練習を重ねれば上達します 。 私も、少しは上達してると思いますが。

ところで、「上手なプレゼン」て、どんなプレゼンか分かりますか  
それは、一言で言えば 

 「聞き手の心を掴むのがうまい」 ということです。 

そのためには、以下のスキルが必要です 

 話の要点がまとまっている

 説明の筋が取っていて、説明が分かりやすい (要点をスムーズに説明する方法は、だいたいライティングの流れと同じです

 声の通りが良く、態度も慣れていて、落ち着いてる

一方、下手なプレゼンは、その逆で、「聞き手の心を掴めない」 です。
 「何が言いたいんだ??」 と要点が不明確
 説明もグチャグチャで、分かりにくい
 「声が小さくて、聞こえねーなぁ」 みたいに、態度に自信が無い

とうことで、次回は、どうやって訓練を重ねればいいのか、注意点を挙げながら紹介します。




 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記



スポンサーサイト
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/10/23(火) 19:25 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/118-b2efd02a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
プレゼンのときに使える英語表現集.日経文庫. アメリカ人のするプレゼンで頻繁に使われるような表現ばかりで,しかも英語を母国語にしない人でも簡単に使えるような平易な英語になっている.他の本に見られ...
2011/02/04(金) 08:24:15 | えいじゅなすの本棚 - 英語, 医学, 投資の専門書レビューブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。