FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴです、こんにちは。

今回は、現在形の動詞の、おそらく学校ではあまり教えないであろう、本当の意味と使い方についての説明です。 とか言って、学校で教わった人もいるかもしれませんが、私は教わった記憶がありません。 自分で勉強を始めてから、「そうだったのか!」 と池上解説なみに、目からウロコの発見でした

とその前に、おさらいですが、そもそも動詞の単語には、“動作が行われる時間の観点“から見て、いくつかの種類があるのは知っていますよね  時制ってやつですね  

日本語には無い英語独特の時間的な発想もあり、細かく分けると結構ヤヤコシクなります。 ですが、以下の基本的な4つはどんな感じか、イメージも湧くと思いますし、最低限、理解しておかないと話しになりません

過去形  現在形  現在進行形  未来形

で、今回のテーマの 「現在形」 についてですが、こいつの意味合いが、実はクセモノだと知っていましたか  

ナニはともあれ、まずは例文を。 ある日のオフィスで、こんな会話があったとします

A子  「ランチ、何食べようか?」
B美  「私は、パスタを食べたい」

この会話、英語にすると、以下のどっちの表現が当てはまると思いますか  

英訳 1
A子 「What do you have for lunch?」
B美 「I have pasta.」

英訳 2
A子 「What do you want to have for lunch?」
B美 「I want to have pasta.」

この場合の正解は、英訳2です。 理由は、「~したい」 という意味の “.Want to” が使われているからです。。。

と言ってしまえば簡単ですが、それ以上に注意しなくてはならないポイントがあります。 逆に言えば、なぜ “Want to” の表現が使われているのか、理由は分かりますか

それが、「現在形の動詞の意味と使われ方」 と大いに関係しているからです。

どういうことか  この先のことが、私は学校では教わらなかったことですが、こういうことです  

現在形の動詞をそのまま使うと = 「習慣のように、いつもその動詞の行為を行っている」 というニュアンスが出る

分かりました  これだけじゃ分かりづらいと思いますので、次回に詳しく解説を。




 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記




スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/130-471b6801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。