FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴです、メリークリスマス

さてさて、前にも正月の過ごし方のところで書きましたが、クリスマスも所が変われば、習慣もだいぶ違うようで。 と言っても、私の知ってるのは、日本とアメリカだけなんですが、他の国はどうなんでしょうかね  

ちなみに昔、12月26日にカナダのバンクーバーに行った時には、アメリカには無い Boxing Day (ボクシング・デイ) というのがありました  何でもヨーロッパと、イギリス連邦系の国では多い習慣のようです。 由来はその昔、使用人に対して、家の主がクリスマスの翌日の12月26日に、ボックスに入ったプレゼントと休暇を与えたとかナントカ。。。

と、そんなことはどうでもいいみたいで、カナダではクリスマスの翌日のバーゲンDayらしく、バンクーバーのショッピングモールはクソ混みでした   アメリカでは聞かない習慣でした。 あんなに国境を接しているのに、ほとんど隣国には伝わらない文化があるっていうのも不思議なもんですが  

アメリカのクリスマスも、日本のようにイベント色が濃かったです。 もちろん、敬虔なキリスト教信者であれば違うんでしょうが、私の周りには一人もいなかったので、家族サービスやら、恋人サービスやらに頭を痛めてる人間の方が多かったです  

とは言うものの、日本よりは宗教的な文化や風習はあるようで、イブの日は店も早々と締まってしまい、25日は休みの所が多かったです。 日本の元旦みたいな感じですかね  

気になってネットでちょっと見てみたら、カトリック信者の多い国では、クリスマスプレゼントの受け渡しが1月に入ってだったりとか、いろいろあるようですね。 北欧のクリスマスは、かなり綺麗と聞きましたが、どうなんでしょう  そもそも、クリスマスの飾りつけはキリスト教と関係が無いらしいとか、25日はキリストの誕生日ではなく別の意味合いの日だとか、解釈もいろいろあるようで。。。  

そんな中、やっぱ最大の個人的なミステリーは、あのサンタクロースの衣装でしょう  
「サンタクロースの衣装は、コカコーラの宣伝のために作られた」 っていうのは、やっぱ都市伝説なのか  どうなんでしょうかね  

ネットでは、「例の衣装を着たサンタを、コカコーラが宣伝に使った」 とかいう話がメインのようですが、やっぱそうなんですかね  だとすると、コカコーラは、かなりおいしいキャラを使えたってことで、超ラッキーでしたね

Happy Holidays




 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記



スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/141-3daf48f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。