FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、シンゴです。

ここ2回ほど、単語の漢字暗記方式について書いてきましたが、今回はさらに突っ込んでその効率性を一つ。

と言っても、これから書くことは、どんな勉強方法を実行するにしても、始める前にある程度は気に留めておかないといけない 「勉強の数値化」 の話です  

勉強に限らず、努力に伴う結果の効率性、合理性を考えたら、数値化して効果を目に見える形にするのが必要ですよね。 どんなにガムシャラに頑張っても、闇雲な努力をしていては効果も上がらず、結局は挫折しちゃいますから  

そこで、英単語の漢字暗記方式の数値化について、今回は 「一日に、どれくらいの勉強時間が必要なのか です。

1つの単語の暗記にかける所要時間は

前回、漢字暗記式で英単語を覚える最大のメリットは、「勉強時間が短縮できる」 と書きましたが、具体的に勉強時間の数値を上げると以下のような感じです  

私のやり方だと一日に最高で、30単語を頭に叩き込む計算です。 そこで、1単語を覚えるのにかける所要時間を以下のように計算すると、一日のトータルの英単語の勉強時間は

 1単語に1分なら30分   
 1単語に2分なら60分   
 1単語に3分なら90分

一日に30分~90分ぐらいの勉強時間なら、通勤時間中にやったり、テレビを見る時間を削れば、毎日無理なくこなせる所要時間ですよね  

逆に言えば、この程度の勉強時間すら割くことができないほど忙しかったり、面倒くさいと感じるようでは、英語の上達は諦めましょう。 おそらく、どんなやり方も通用しません  この時間で踏ん張れるか、諦めるか、まさに努力と忍耐力の発揮どころです。  

一方、この勉強時間を “~ながら勉強”、 例えば、「本を読みながら辞書を引きつつ覚える」 といったやり方の所要時間と比べてみてください (計算方法はこちら → http://tokyoescape.blog17.fc2.com/blog-entry-48.html) 

“~ながら勉強” 式では、単語を覚える時間 にプラスして、他の作業も加わりますから、余計に時間が取られるのは当たり前ですよね。 ある程度レベルの上がった人でないと、この“~ながら式” が負担に感じるのは、言い換えれば、「勉強時間が長くなる」 っていうことです。 手際よく勉強を進めたい人には、漢字方式がBetter でしょう  

また、1単語を覚える所要時間に、4分~5分かけるようだと時間の取りすぎです。   それだと、30個の暗記の場合、一日に2時間以上も単語オンリーに費やしますから、嫌ですよね   3分以上かけても覚えきれないと感じる単語は、5分、10分かけても簡単には覚えられません。 スピーディーに、先へ進めることも必要です。 

そんな頭に入りづらい単語は、何度も復習して叩きこみましょう。 所要時間でなく、単語に触れる回数を増やすことの方が効果的です。 漢字だって、使ってないと忘れちゃいますよね。 あれと一緒です。 

でもって次回は、「一日に覚える単語の数」 にスポットを当てて紹介を。 



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


EnglishShingoをフォローしましょう


スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/144-ec80218e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。