FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴです、こんにちは。

前回、名詞の前にくっ付く”A ~”、 ”The ~” について簡単にまとめました。 で、「こいつらの意味はなんだ??」 って話になると、何だと思います  

答えは 

 大した意味は無いです。 

テキストブックなんかには 

 「”A~" は、たくさんあるうちの一つの名詞を表す」
 「”The~” は、ある特定の名詞を表す」

とか書いてありますが、そんなこと言われても何だかピンと来ます  早い話が、後に続く名詞のニュアンスがポイントってことですね  要するに、こいつらが意味を持つのは、セットで付く名詞の単語があってこそです。 従って、こいつらの相棒である名詞の方について押さえてみましょう。 

まずは思い出してみてください 

その昔、「英語の名詞は、種類がいくつかに分類される」 って学校で習いませんでした  大きく分けると以下の3つになりますが、この種類が分類されるってことが、“A ~”、 “The ~” の使い分けにも影響してくるので、実にヤッカイです 

 固有名詞

こいつは一番簡単な種類ですね。 人名、社名、地名なんかの名詞です。
例: David Beckham  Michael Jackson  SONY  San Francisco

でもって、残りの2つが、実にヤヤコシイ種類の名詞です。 それが 

 数えられる名詞

明らかに数を数えることのできる有形の物など。 無形のもの有り。 
要するに、1個、2個、3個、、、と数量がカウントできる名詞ってことです。 
例: Car  House  Dog  Apple  Song  Idea

 数えられない名詞

主に、抽象的な事物や考えなどの無形の物。 また、食べ物 & 飲み物、燃料、液体など、その他いろいろ
例: Information(情報) News(ニュース) Love(ラブ) Health(健康)
   Rice(米)  beer(ビール) water (水) Oil(オイル)

こんな感じで、英語の名詞には「数えられる名詞と数えられない名詞がある」って、学校で習いましたよね。 しかし、日本語にはあまり無い発想なので、何だか分かりづらいです  

アレコレ説明すると、私もそうでしたが、余計に分からなくなる人も多いと思いますし、そもそも日本語と違う発想なので、理解が難しいのが当たり前です。  従って、簡単に説明すると、上のような種類分けになります。 

しかし、上の説明だけじゃ、「何のことだ。こりゃ??」 と思った人や、 「それは分かってるが、どっちがどっちか、その見極めが難しいんだよ」 と困ってる人は、かなり多いでしょう  そこで、、、

 まず、「何のことだ?」 と思った人 

英語の名詞は、「数えられる名詞」 と 「数えられない名詞」 に分けられることを、しっかり頭に叩き込んでおきましょう。 
数学の公式を訳も分からず頭に叩き込んだのと同じように、「英語の名詞は、そういうもんだ」 と、理屈抜きで覚えておけば十分です。  詳しいことは、言語学者じゃないので私も分かりません  

 それから、「どっちがどっちか、分類の見極めが難しい」 と困ってる人は 

とりあえず上の基本概念を頭に置きつつ、単語を覚えましょう。 
車や家などは、日本語の発想と同じの有形物で、数えられるのは明らかですよね。  一方、情報、健康、ラブといった無形物は、数えるのが困難と考えるのが英語の発想です。 また、米、水、ビール、オイルなどの飲食物や燃料なんかも数えられないという発想になります。 

この辺が日本語と違う発想ので、見極めが難しいところです。 しかも、場合によっては、数えられない名詞が数えられる名詞として使われたり、その逆もありますから、ヤヤコシイこと極まりない  だからこそ、どっちがどっちか、これはもう覚えるしかありません。 最初は間違えるのが当たり前ですが、慣れてくれば見極めも上達していきます。 

で、この名詞の違いを抑えてからが、やっと本番になります  この3種類の名詞が、どうやって “A ~”、 “The ~” と絡んでくるのか? これがまた、整理をしながら進めないと、こんがらがります。 

そこで次回は、まず、数えられる名詞と“A ~”、 “The ~”の関係を整理します。。。 と行きたいところですが、その前に。。。 

まずは、 こいつらをマスターするのがいかにヤッカイか、どうすればスムーズに上達していけるのか、その心構えについて少し紹介を。 それを踏まえてからでないと、おそらく 「アァー、面倒くせ、もう分からん  」 となりがちですので、挫折を避けるための上達法を紹介します。



 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


EnglishShingoをフォローしましょう



スポンサーサイト
この記事へのコメント
本当に分かりやすいブログで嬉しいです!そして楽しいです。
aとtheの区別は英語圏の子供達は理解しているのですか?凄い。
英語は単純なようで深すぎます。
2011/01/21(金) 13:36 | URL | ゆん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> 本当に分かりやすいブログで嬉しいです!そして楽しいです。
> aとtheの区別は英語圏の子供達は理解しているのですか?凄い。
> 英語は単純なようで深すぎます。

ゆんさん
コメントありがとうございます。 これからも、できるだけ読みやすく
書いていくように心がけます。 
AとTheの違いは、英語圏の子供達もフィーリングで覚えてるんじゃないでしょうかね。
実は、私はあんまり子供との付き合いが得意じゃない(はっきり言えば大の苦手)なオトナなもんで、
ネイティブの子供と話したことは、ほとんど無いのが実情でして。。。

2011/01/21(金) 16:58 | URL | シンゴ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/21(金) 21:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/147-ff0ba07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。