FC2ブログ
だから、どうしたら英語が上達するのか?!簡単で大切な勉強方法を、初めから読むと分かり易く紹介。
2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンゴです、どうも。

今回も冠詞の話なんですが、飽きてきましたねぇ・・・  書いてる自分が・・・  とは言え、やっぱキリのいい所までは行かないと、無責任に終わっちゃうので、書きましょう 

で、ここまででも、かなりのボリュームで「冠詞 + 名詞」 の組み合わせを書いてきましたが、整理ついてますか  おさらいすると、組み合わせパターンは以下の通りでしたよね 

 A(An)+ 単数名詞  
<例> a car  <意味> 「とある1台の車」

 The + 単数名詞  
<例> the car  <意味> 「ある特定の1台の車」

でもって、いつ “The” をつけるのかの、ルールは、、、

 前回に出ている名詞を、繰り返す場合 
 いきなり出てきても、“話し手-聞き手”、又は、“書き手-読み手” が、「あぁ、アノ名詞のことか!」 と共通認識がある場合
 最上級の名詞を表す時
 太陽、地球、月など、明らかに1つしか存在しない名詞を表す場合
 名詞の後に続くフレーズや文章が、その名詞を修飾して、「特定感」を出している場合

 何も付けずに、複数名詞のみ  
<例> cars  <意味> 「一般的に、車全体」

 The + 複数名詞  
<例> the cars  <意味> 「ある特定の複数台の車」

 何も付けずに、数えられない名詞のみ 
<例> rice  <意味> 「一般的に、お米全体」

 The + 数えられない名詞  
<例> the rice  <意味> 「ある特定の、お米」

で、ここまでに、 最上級の名詞を表す時 まで紹介しました。 まだまだありますねぇ  結構キリが無い。 そこで、 The + 複数名詞 までは、紹介しようと思います。 ちょうどここまでが、「冠詞 + 数えられる名詞」 のカテゴリーなんで、キリがいいです 

というか、「冠詞 + 数えられる名詞」 と、「冠詞 + 数えられない名詞」 との理屈 = ルールの違いは、大きく変わらないです。 大体の場合、「数えられる名詞」 のルールを、「数えられない名詞」 の方に転用できます。  「冠詞 + 数えられる名詞」 の理屈が飲み込めれば、後は、「冠詞 + 数えられない名詞」 に転用するだけす。 

と言うことで、 The + 複数名詞 までで、この時点はストップします。 じゃないと、マジでキリが無い   

それよりも、「この名詞は、数えられるのか or 数えられないのか」 っていうのをまず頭に叩き込む方が重要です。 名詞の種類が  だと、例えば、Rice という数えられない名詞で、I like Rices. と複数形にしてしまうようなポカをやってしまいます。 こうなると、「冠詞がどうの、こうの、、、」 というレベル以前の話になっちゃいますので、気をつけましょう  


でもって、今回の本題、“The + 単数名詞” の組み合わせが “明らかにハマル”パターンの4つ目

 太陽、地球、月など、明らかに1つしか存在しない名詞を表す場合

これは、分かりやすいですよね。 例を挙げると、こんな感じの名詞です 

 the earth(地球)、 the sun(太陽)、 the moon(月)

と、ここまでで、かなり長い文章になってしまったので、一旦切ります。 続きは、明日に必ず 


 英語上達に役立つブログのランキング情報は
                             
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ  みんなの英会話奮闘記


スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tokyoescape.blog17.fc2.com/tb.php/160-af083dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。